クライストチャーチを紹介するのにどこからスタートしようかと迷いましたがやはり定番のここから。クライストチャーチのシンボル大聖堂です。高さ63Mの尖塔を持つゴシック様式の教会です。この大聖堂のある広場はCathedral Squareと呼ばれ街のちょうど中心に当たります。

bf12c2b0.jpg

手前でちょっと目を惹くのが銀色のモニュメント。2001年8月にカンタベリー創設150周年を記念して建てられたチェリス(聖杯)だそうです。道理で初めて見るわけです。1998年当時一緒にNZで過ごしていて昨年久々にNZを訪れた友人がクライストチャーチも結構変わったと話してくれましたが確かに、です。

変わったと言えば、以前クライストチャーチを流れるエイボン川沿いにあったインフォメーションセンターもこの広場に移転していました。それが右の写真の奥に見える茶色の建物。以前はあまり見かけなかったインターネットカフェや、これまた以前はまだなかったスターバックスなどと一緒にここに入っています。

1bfb7678.jpg
 7787641a.jpg


d6d68b36.jpg

ところでこの写真、大聖堂の尖塔の上から撮っています。つまりまた登ったんですね?、134段の階段を。私、この塔に初めて登ると思ったんですけど、登ってみたら何となく景色に見覚えがあるような気が・・・(←定かではない・・)でもこの「CONGRATULATIONS!」は見た気が・・・?

証明書が欲しければ1ドル払え、と申しております。(払えとは言ってないけど)
払え、と言えばこの大聖堂、内部で写真を撮るには幾らか払わなければならないんですよね。ま、いいけどね。そんなわけで内部の写真がないケチな私です(笑)

この大聖堂ではほぼ毎日ミサが行われていてその時間に行くと美しいクワイヤが聴けますよ(^^)