6a1a2e32.jpg
南半球にあるちっちゃな小島群、ニュージーランドを一躍注目の的にしたのが『ロードオブザリング』。ウェリントンで行われた第3部 『The Return Of The King』のワールドプレミアの様子は日本でも随分流れていて、私もウェリントンの景色を懐かしく観ていた。

さてこの『ロードオブザリング』の切手がNZにあるのは今では結構有名な話。私が以前NZに住んでいたのは1998年のことでまだここまでネット社会は進んでおらず(私の中でだけだったか・・・?)、日本という国からは電話を除いては郵便のみで繋がれた状態だった。そんなわけで今思えばびっくりするほどよく手紙を書いたのだった。あの頃にこの切手があったならみんなに貼って出せたのに。

さて、ならば今、使えばいいじゃない?とお思いだろうか。そうは問屋が卸さないのだよね?。何故って今ってメールがあるじゃない?ほとんど手紙を書かないじゃない。なんてことは全然理由ではなく、この『ロードオブザリング』の切手、郵便局に行けば確かに手に入る。手に入るのことは入るのだが、もう既にお土産としてのプレミアが付いちゃってるんだわ。セットで売ってるんだけど切手自体の値段を相当上回る値段なのだ。噂には聞いていたが本当だった・・・。

となるともし買ったとしても人に出さず自分で持つでしょう。←ケチと言われても結構! なんて自分でも買わないけど。まんまと戦略にのせられちゃってる気がしない?

さて、じゃあこの写真は一体どこから来たの?
実はこれ、日本を経つ前に以前こちらでお世話になった人々の住所を確認するためにもらったクリスマスカードなどをひっぱり出していたら遭遇したのだ。その当時は私は全然疎くてこれが『ロードオブザリング』の切手だなんて思わなかったみたい。慌てて他の手紙も見てみたけどこれ一枚だった(^^;) そしてそれをちゃっかりデジカメで撮影しておくところが私ってもう根っからのブロガーかしらん?(笑)