観よう観ようと思っていた『Harry Potter and Goblet of Fire』をやっと観てきた。映画館は歩いて行ける範囲に幾つかあって、調べたところ料金設定は同じよう。曜日や時間帯によって値段が変わるのだけど一番安いのは火曜日。火曜日は終日$9.50で観られる。最近は日本でもレディースデーとかにしか映画は観ないから極端に安いって印象もないかな。

で、絶対火曜日に観ようと決めていたのだけど、公開された11/24(これは日本と同じかな?)から火曜日の予定がどうも空かなくてやっと今日になったのだ。観客が6人しかいなかったのは寂しかったけど・・・(笑)

さて映画、今までより更にスケールアップした感じがした。ストーリー自体がスケールアップしているから当たり前と言えば当たり前なんだけど。ハリーポッターはとりあえず最新刊を除いては読んでいるので話の内容はだいたいわかっているのだけど本はこの4巻くらいから重くなってきてちょっと読んでて苦しい感じがしていた。だけど映像になると自分で想像してしまわない分、少し客観的に見られると思った。ただね、やっぱり何だかんだといつも字幕に頼ってるなぁ、と。大まかなストーリーは問題ないんだけど全てを理解できるってわけにはやっぱりいかない。そしてよくよく考えてみると4巻からは本も英語でしか読んでいないから理解度は怪しいのかも。しかも読んだの随分前だしね?。いえいえ言訳ですよ。もう少し勉強します、ハイ。

火曜日は映画の日ってことにして、色々観てみようと思ってるとこ。それで勉強ってことで(笑)
あ、でも来週の火曜日はバンクホリデーで祝日料金だから次は来年かな。