クリスマスの翌日の今日はボクシングデー。
名前はクリスマスのギフトを入れるBOXから来ているとの話なのだけど由来は色々のようです。
現在認知されているのはバーゲンの日ということ。
ちょっと日本の福袋フィーバー(言い方が古い・・・)に近い感じがするかも。
元旦の翌日には始まるじゃないですか、あれ。
こちらでは福袋の習慣はないみたいだけど、
確かに今日はほとんどのお店でディスカウントを掲げていました。
思わず戦法にはまりそうだったけどそこはグッと我慢・・・。

お店は覗きつつも、私が向かったのはこちら。植物園。
何故って今日は見事な晴天だったんですもの♪

6dd8e84d.jpg 711090b8.jpg 648c4616.jpg

そして、芝生のあちこちに転がる人々やエイボン川で
ボートやカヌー、パンティングを楽しむ人々に混じって芝生にペタン。

ランチをとってから、読書タイムと決め込みました。
晴れた日に外で本読むって気持ちいいのですよ、知ってました?

読んでいたのは日本語の本ですけどね(笑)
宿には日本語の本がかなりあるので時々日本の活字を読んでいます。
今日読んでいたのは向田邦子さんの「女の人差し指」というエッセイ集。
飛行機事故で亡くなった後に出されたものです。
以前、某大学で社会人向けの小説翻訳の講座に半年通ったことがあります。
そのクラスでは毎回授業の初めにに向田邦子さんのエッセイを朗読し、
その中から美しい日本語を挙げるということを行っていました。
確かに向田邦子さんのエッセイはユーモアにも富んでいてとてもわかり易いのに
日本語がとても美しいですよね。
読んでいて気持ちのいいリズムなのです。
そして今日読んでいてつくづく思ったのは、
もう何年も前に書かれたものなのに全く古い匂いがしないのですよね。

そんな風に文章が書けたら私も物書きになるのですけど・・・(笑)

あ、ちなみに翻訳に関しては才能がないと思いきっぱり辞めました。
何がダメって翻訳と言うのは当たり前だけど
作者の書いた内容をできるだけ忠実に別の言語に置き換えるという作業じゃないですか。
私がやると「我」が出てしまうのですよ。自分が殺せないのです(笑)
それで向いてないと思いました。
ま、そもそも実力がなかったんですけどね。
(そういや大学で翻訳論という授業落としてたし ^^; )

ま、そんなこんなで随分話がそれましたが
本日はお散歩&読書の日となりました。お終い。