どういうわけだか激しく冷たい風が吹き荒れ時折雨などもパラつく本日、また1歩も外に出ずに暮らしてしまいました。うーむ。言い訳するならば用がないのですよ、外に出る・・・。クライストチャーチの街をうろうろするのはもう正直飽きた。お天気が悪いと遠出もする気にならないし・・・。食料買出しは昨日しちゃったし・・・。

ということで本日も日本語の活字を読んで過ごしました。それが沢木耕太郎の『深夜特急』。ええ、全く今更です。実はこんなに旅好きの私、この本読んでいませんでした。手に取る機会がなかっただけなんですけどね。残念ながら単行本最終巻の第三巻しかなかったので、ま、いっかとそれを手に取りました。読み始めたら一気です。何で早く読まなかったんだか・・・。

NZに来てもうすぐ2ヶ月。最初の1週間は旅をすることは決めていたけれどそれ以外はクライストチャーチの宿を決めただけ。漠然と3月くらいまでここにいてそれから少し旅をしよう、と考えていました。それまではただここで暮らしてみようかと。生活にそれなりにリズムを与えてくれるものも見つけたので最初の1ヶ月くらいは毎日新鮮だったのです。街の散歩も楽しいし発見もいろいろありました。そして迎えたクリスマス、とりあえずここまでは一気だったのですよね。クリスマスが終わってお正月を迎えるに当たり少しずつ不安が生まれてきました。

私はここで何をやっているんだろう・・・。

ここに来たことを後悔しているのではなく、そろそろ潮時が来たのかな、とね。もう少しのんびり暮らしているつもりだったんだけど、早くも次のステップに進む準備を始める時期が来たのかも知れません。この先2ヶ月くらいはポツポツと友人達が私を訪ねてくれることになっているのでそれまではここにいようと思っていますけど。でもその合間に少し動き始めようかな。

そんなことをここ数日考えていました。そんなときに『深夜特急』ですよ、たまたま手に取った本が。出来すぎです。もちろんそれほどハングリーな旅はしたことないんですけどね。自分探しなんてレベルではなく単純に好奇心なので。でも旅心は充分に刺激されました。

もうひとつ、最近私の旅心を刺激していることが・・・。それはお世話になっている家族が4月頃から数ヶ月のヨーロッパの旅に出る予定を立てていること。まずはUKに渡ってカナルボートを1週間楽しむって言うじゃないですか!このカナルボート、運河をゆっくりと進んで行く可愛いボートなんですけど、以前ヨーロッパに行ったときにやってみたかったのです。でも事前からの予約などが必要のようで残念ながら次回への課題となりました。ともあれ、そんな話題をしょっちゅう聞くものだから私の旅心少しずつ刺激を受けているところだったのです。

とは言えのんびりと暮らすのと荷物を持って移動する旅とでは必要なパワーが違います。そんなこんなで考えるのを後回しにしていたんですよ。年が明けたら考えようとね。でも年明けちゃいました。ならばそろそろ真面目に考えましょうか。

とりあえず、このダラダラから抜け出さねばね。

今日から仕事始めだった皆様、こんなダラけた私の戯言を読ませてしまい申し訳ありません・・・。今月からはもう少しキビキビと先に進んで行く予定なので今日のところはお許しくださいませ。