6c75a7bd.jpg

帰りのAQUA TAXIにて。行きにも一緒に乗っていてシールコロニーで色々説明してくれたガイドさんらしきおじさん。狭いボート内を大きなお腹で行ったり来たりするのでしょっちゅうお腹が皆にぶつかっていたが本人は気付いていない模様(笑) そして積み込んだものは、何ですか?アザラシ型のバッグ?!KAIちゃんと2人であれは何だろう?もしかしてシールコロニーに着いたら陸に置いてアザラシをおびき寄せる?なんてアホな話合いを行きのボートでしたのだけど、前回の記事でも書いた通り、シールコロニーに降り立つことはなかったわけで・・・。

そんなアザラシバッグ。帰りに用途が判明した!ってゆーかアザラシ型である必要はなかったのだけど(笑) ともかくあの中にはおじさんのショーグッズが沢山入っていたのだ。先ほどカヤックで訪ねたSplit Appleの近くまで行くとボートが停まり、おじさんがアザラシの中から何やら色々なものを取り出して、そしてショ?タ?イム!!ちょうどお誕生日の女の子が乗っていてそれを皆で歌ってお祝いしたり、それ以外にもおじさんは様々な人形を取り出して声色も変えて歌いだす。それぞれNZやこの場所に関わるお話を語ったり歌ったりしているのだけど英語力の問題で、一体最初の魚は何者なのか分からぬまま(笑)←笑っていてはいけない! 2番目はトゥアタラ。恐竜の生き残りと言われ生きた化石とも称されるとか。トゥアタラという名前はマオリ語で『背中のトゲ』という意味があるらしい。(ですってよ!KAIちゃん!)今は自然の中で観察するのは難しいのだそうだ。右の写真はSplit Appleが割れてしまった由来となるマオリのお話の最後に出てきた歌詞カード(?) 由来については理解度がアヤシイので割愛・・・。スミマセン・・・。

おじさんのお話も歌も面白くショーは盛り上がったわけなのだけど、予想以上に長いショー。どうやら時間も過ぎている模様で無線で連絡なども入っていたよう・・・。加えてある程度沖に停泊しての長いショーは日頃から波で鍛えていないか弱い私には少々辛く、最後の方は願わくばこれで終わって・・・と祈っておりました(^^;)

いやいや、でも楽しませてもらいました。きっと今日もおじさんはアザラシバッグを持って大きなお腹と大きな声で皆を楽しませていることでしょう。