オタゴ半島ワイルドライフツアー、続いています。

ペンギンの真横を通って登りきった坂。
その頃には傾き始めた陽射し。なんて美しさ!
これ「ロードオブザリング」じゃない??!
次は私が撮りたい「ロードオブザリング4」(←ありません)と本気で思うくらい最高の景色。

81ce3f4c.jpg


5b4ad145.jpg


そんな陽射しを背中に受けて我々は羊の中をひたすら下る。
「羊の中」なのはここが牧場だから。
NZは牧場内を歩ける場所が結構あり、羊さんとご対面はある意味日常茶飯事(笑)
NZに遊びに来る友人に「何が見たい?」と聞くと
「羊!」という回答が大抵あるのだけど、羊はわざわざ見なくても見れます。
1週間もいれば最後の方は羊なんていて当然くらいのものになるのだ。
さすが人より羊が多い国!

てなわけでこんな共存状態。

ba8a434d.jpg


a61f0bc3.jpg


目的地はあの崖の下。

8582c7e9.jpg


ここはニュージーランド・ファーシールの生息地。
暗くなってきていてあまりというか全然見えないけど
ここにうじゃうじゃとニュージーランド・ファーシールがいるのだ。

6de122d4.jpg


微笑ましいのはここが子供を育てる場所だということ。
幼稚園のように、とガイドさんは説明してくれたが
親が海へ食料を集めに行っている間、ここで子供達は集まって過ごす。
見ていると本当に幼い子供達がふざけ合っている感じがよくわかる。
皆で高いところに登る練習をしていたり見ていて本当に飽きない。
そして既に母親が帰ってきている子はおっぱいを飲んでたりして。

そんなニュージーランドファーシールをひたすら双眼鏡で見つめていた私達。
なにやらかなり入り込んでいると思った熊猫ちゃんの満身のショットがこちら。
かなり倍率をあげて撮っているものだからよく様子が見える。
このつぶらな瞳。絶対熊猫ちゃんを見てたよね?

04f50c2f.jpg


ちなみに乗ってきたバンはこちら。

e792bf1b.jpg


いやはや、もう何から何まで満喫な楽しいツアーだった。
オタゴ半島に行く予定のある方、絶対これはお薦め!
スコティッシュ建築は逃してもこれは逃すな!(笑)