f2a3b96a.jpg

さて今回のウェリントン滞在中に必ず訪れたい場所がこの国立博物館のTEPAPAだった。国内最大級。そして比較的新しい。どこかで触れたこともあったかと思うが1998年、ちょうど私がUpperHuttに住んでいた頃にこの博物館がオープンし、小学校の子供達と共にここに訪れた。マオリに関わる展示はもちろんのことバンジージャンプを疑似体験できるアトラクションがあったりNZ的のアクティビティ的な要素もかなり多い。また定期的に様々な催しも行われる。上記アクティビティなどにはお金がかかるものの通常は無料。これはNZ国内(オーストラリアも同じく。ヨーロッパにも多いけど)は無料の博物館がほとんど。だが催しは多少の入場料がかかる。今回私が訪れた時期にここで行われていたのは『ロードオブザリング展』。あちこちで役に立つYHAのカードを提示すると10NZドルで見られたこの展示。ものすごい充実ぶりだった。

a388c00f.jpg

展示内容はそれぞれ登場人物毎に実際に使われた衣装や小道具などが飾られところどころにインタビュー映像などが流れる。キャラクターは旅の仲間達だけではなく敵方の変な生き物達(すいません、実はそれ程詳しくない…)も展示あり。ホビットを小さく見せる写真技術を使って実際に写真を撮ってくれる場所もあった。興味深々だったけど2人いないと撮れないので独りぼっちの私は残念ながら素通り。くーっ。そして実際に使われたリングも見られる。撮影に使われた塔などのミニチュアなどもあり本当に飽きない。3時間ほどたっぷり見入ってしまったのだった。

ところで写真真ん中の白い建物。これはプレミア上映の行われたエンバシーシアター。気が抜けるほど普通の建物だったけど(笑) 中は入っていないのでひょっとしたら中は特別な雰囲気だったのかも??